私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗
私たちは、精神的な病気や症状をお持ちの方に対して、それらを根本から改善していく支援を行うために、 障害福祉サービス事業「ココカラ」(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。 ココカラが行う支援サービスの目的は、「心の闇を取り除く」ことです。 私たちは、精神的な病気や症状、ひきこもりや不登校、無気力や意欲低下なども、すべて共通して、この「心の闇」が原因だと考えています。 心の闇とは、家庭内や学校、職場などでの人間関係が主な原因で生まれます。 具体的には、相手からの否定や抑圧、差別や比較、放置されたり怒りを向けられたりすることで、少しずつ心の闇が生じていきます。 相手から傷つけられた経験や、本人が望んでいない孤立経験からも心の闇が生じます。特に幼少期からの影響が大きいと感じています。 心の闇が増えていくと、人間関係にストレスを感じるようになります。 次第に、自分に自信が持てなくなり、自分を否定するようになります。 自分の力を信じることができず、自分を無力に感じたり、自分らしさを認められなくなってしまいます。 何かをしてみたいという意欲もなくなり、将来に漠然とした不安を感じるようにもなります。 さらに進んで、心の闇が自分の心の大部分を占めるようになると、抑うつ状態や不安症状が発症したり、 強度のこだわりや完璧主義などの考え方に至っていくと考えます。 また、こうした心の闇を生み出す環境から逃れるために、不登校やひきこもり状態になることも多く見受けられます。 心の闇とは、自分を否定するエネルギーです。そして、他人も否定するエネルギーでもあります。 無邪気に自由に何でも表現していた幼少期の頃には、誰もが心の闇はなかったはずです。 少しずつ人間関係が広がっていくにつれて、周りからの影響(否定されたり傷つけられたりすること)によって、 心の闇が生じていったのです。それが一定の量を超えてくると、目に見える形となって病気や症状として現れてくるのです。 以上の考えから、私たちは、精神的な病気や症状に対する根本からの改善を目的とした障害福祉サービスを提供しています。 なお、精神医療で行う服薬治療は症状を一時的に抑えるためには有効ですが、心の闇を根本から取り除くことはできません。 このため、症状が繰り返し再発し続けてしまうという問題があります。私たちは心の闇を根本から取り除くことで、 皆さんに元気であった状態に戻っていただくことを目指しています。 私たちが行う支援アプローチは、あくまで後天的な病気や症状に対して有効です。 先天的な障害(身体障害や知的障害)に対する既存の福祉スタイルとは異なります。 ただし、先天的な障害をお持ちの方でも、心の闇を取り除く支援が必要な方に対しては、私たちの支援アプローチも有効となります。 ところで、心の闇を取り除くためには、どうしても必要となる2つの要件があります。 1つめは、現状から変わりたいという「本人の意欲」があること。2つめは、新たな価値観や考え方を受け容れる「素直さ」があることです。 本人の意欲なしに、本人の現状を変えることはできません。 親や第三者がいくら通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合には、お引き受けできないこともあります。 また、ココカラに通うようになると、新たな刺激や影響を受けるために自分がどんどん変わっていくことになります。 素直さとは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力です。 つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん元気になり成長していきます。 ココカラでは、日々の活動(仕事や講座、コミュニケーションなど)を通じて、意識や心のあり方について学んでいきます。 意識や心について学び、自分の人間性や精神性を高めていくことによって、実は心の闇が生じにくい自分に変わることができるためです。 最後に、私たちは、ココカラを利用する方たちに対して、精神医療や福祉制度を必要としない生き方を提案しています。 そのために必要な仕事環境(ココカラファーム)や生活環境(シェアハウスなど)の整備を進めています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗