「特別就労支援センターココカラ」では、精神的な病気や症状が原因で現在働くことが出来ていない方を対象とした障害福祉サービス事業(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。

 

 ココカラの支援サービスの目的は「病気や症状を根本から改善して、生きる喜びを感じていただくこと」です。生きる喜びとは、人から必要とされること、自分らしい形で人の役に立てること、人を愛し愛されること、自分の成長を感じること、起こる出来事に感謝できるようになること、以上の5つが主なものであると私たちは考えております。

 

 なぜ多くの人が精神的な病気や症状に苦しむのでしょうか。私たちは以下に示す7つが主な原因があると考え、それぞれを改善するために様々な支援サービスを提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以上に示したように、様々な原因が複雑に絡み合って病気や症状が発症するに至ると私たちは考えています。このことを一人ひとりがきちんと理解し、これらを改善していくための活動を、楽しみや喜びを感じながら実践していくことが重要です。私たちはそのために必要な環境を作っているのです。

 

 生まれながらに精神的な病気や症状がある人はいません。生まれてからの生活環境や家庭環境、考え方や習慣に原因があります。ということは、誰もが環境や考え方などを見直していけば、病気や症状の改善が見込めるのです。

 

 なお、精神医療で行う服薬治療は、症状を一時的に抑えるためには有効ではありますが、病気や症状を根本から改善することはできません。薬を飲むだけで病気が治ることはありません。それは上記の原因を理解すれば明らかなことです。病気や症状からの根本からの改善を求める場合は、やはり①〜⑦の原因ときちんと向き合い、改善するための行動を実践することが必要だと私たちは考えます。

 

ところで、病気や症状を改善していくためには、どうしても必要となる二つの要件があります。それは「現状から変わりたいという本人の意欲」と「素直さ」です。

 

「本人の意欲」が無いのに本人の現状を変わることはありません。このため、親や第三者がココカラへの通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合にはお引き受けできないこともあります。

 

また、「素直さ」とは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力のことです。つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん病気や症状も快方に向かっていきます。

 

 ココカラに通所しているメンバー(サービス利用者)は、同じような痛みや苦しみを経験した方たちばかりです。ですから、みんな本当に優しいですし、お互いを傷つけ合うようなことはありません。また、現状から変わりたいといった意欲を持っている方が多く、皆で助け合い、補い合い、そして励まし合いながら、日々の活動を行っています。きっと良き仲間ができると思います。

 

 最後に、精神医療や福祉制度を必要としない「脱医療・脱福祉」の生き方を希望する方には、これに向けた助言や提案も行っています。この生き方の実現に向けて必要な仕事環境や生活環境の整備も進めています。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗

 

      <原因>            <改善策の一例>

①対人関係から生じる「心の闇」→  人間関係8つのルール

②自然からの離脱       →  自然と触れ合うプログラム

③不自然な生活習慣        →  シェアハウスの整備

④食べているものの成分    →  安心安全なものを食する

⑤目標の欠如           →  スタッフとの面談、助言等

⑥誤った考えや無知        →  生きる上で必要な事を学ぶ

⑦あらゆる経験・体験の不足  →  日々の活動と社会活動

  「特別就労支援センターココカラ」では、精神的な病気や症状が原因で現在働くことが出来ていない方を対象とした

 

障害福祉サービス事業(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。

 

 ココカラの支援サービスの目的は「病気や症状を根本から改善して、生きる喜びを感じていただくこと」です。

 

生きる喜びとは、人から必要とされること、自分らしい形で人の役に立てること、

 

人を愛し愛されること、自分の成長を感じること、起こる出来事に感謝できるようになること、

 

以上の5つが主なものであると私たちは考えております。

 

 なぜ多くの人が精神的な病気や症状に苦しむのでしょうか。私たちは以下に示す7つが主な原因があると考え、

 

それぞれを改善するために様々な支援サービスを提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以上に示したように、様々な原因が複雑に絡み合って病気や症状が発症するに至ると私たちは考えています。

 

このことを一人ひとりがきちんと理解し、これらを改善していくための活動を、

 

楽しみや喜びを感じながら実践していくことが重要です。私たちはそのために必要な環境を作っているのです。

 

 生まれながらに精神的な病気や症状がある人はいません。生まれてからの生活環境や家庭環境、考え方や習慣に原因があります。

 

ということは、誰もが環境や考え方などを見直していけば、病気や症状の改善が見込めるのです。

 

 なお、精神医療で行う服薬治療は、症状を一時的に抑えるためには有効ではありますが、病気や症状を根本から改善することはできません。

 

薬を飲むだけで病気が治ることはありません。それは上記の原因を理解すれば明らかなことです。

 

 病気や症状からの根本からの改善を求める場合は、やはり①〜⑦の原因ときちんと向き合い、

 

改善するための行動を実践することが必要だと私たちは考えます。

 

 ところで、病気や症状を改善していくためには、どうしても必要となる二つの要件があります。

 

それは「現状から変わりたいという本人の意欲」と「素直さ」です。

 

 「本人の意欲」が無いのに本人の現状を変わることはありません。このため、親や第三者がココカラへの通所を望んだとしても、

 

本人に通所する意欲がない場合にはお引き受けできないこともあります。

 

 また、「素直さ」とは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力のことです。

 

つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん病気や症状も快方に向かっていきます。

 

 ココカラに通所しているメンバー(サービス利用者)は、同じような痛みや苦しみを経験した方たちばかりです。

 

ですから、みんな本当に優しいですし、お互いを傷つけ合うようなことはありません。

 

 また、現状から変わりたいといった意欲を持っている方が多く、皆で助け合い、補い合い、そして励まし合いながら、

 

日々の活動を行っています。きっと良き仲間ができると思います。

 

 最後に、精神医療や福祉制度を必要としない「脱医療・脱福祉」の生き方を希望する方には、これに向けた助言や提案も行っています。

 

この生き方の実現に向けて必要な仕事環境や生活環境の整備も進めています。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗

 

  「特別就労支援センターココカラ」では、精神的な病気や症状が原因で現在働くことが出来ていない方を対象とした障害福祉サービス事業(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。

 

 ココカラの支援サービスの目的は「病気や症状を根本から改善して、生きる喜びを感じていただくこと」です。生きる喜びとは、人から必要とされること、自分らしい形で人の役に立てること、人を愛し愛されること、自分の成長を感じること、起こる出来事に感謝できるようになること、以上の5つが主なものであると私たちは考えております。

 

 なぜ多くの人が精神的な病気や症状に苦しむのでしょうか。私たちは以下に示す7つが主な原因があると考え、それぞれを改善するために様々な支援サービスを提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以上に示したように、様々な原因が複雑に絡み合って病気や症状が発症するに至ると私たちは考えています。このことを一人ひとりがきちんと理解し、これらを改善していくための活動を、楽しみや喜びを感じながら実践していくことが重要です。私たちはそのために必要な環境を作っているのです。

 

 生まれながらに精神的な病気や症状がある人はいません。生まれてからの生活環境や家庭環境、考え方や習慣に原因があります。ということは、誰もが環境や考え方などを見直していけば、病気や症状の改善が見込めるのです。なお、精神医療で行う服薬治療は、症状を一時的に抑えるためには有効ではありますが、病気や症状を根本から改善することはできません。薬を飲むだけで病気が治ることはありません。それは上記の原因を理解すれば明らかなことです。病気や症状からの根本からの改善を求める場合は、やはり①〜⑦の原因ときちんと向き合い、改善するための行動を実践することが必要だと私たちは考えます。

 

 ところで、病気や症状を改善していくためには、どうしても必要となる二つの要件があります。それは「現状から変わりたいという本人の意欲」と「素直さ」です。

 

「本人の意欲」が無いのに本人の現状を変わることはありません。このため、親や第三者がココカラへの通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合にはお引き受けできないこともあります。

 

 また、「素直さ」とは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力のことです。つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん病気や症状も快方に向かっていきます。ココカラに通所しているメンバー(サービス利用者)は、同じような痛みや苦しみを経験した方たちばかりです。ですから、みんな本当に優しいですし、お互いを傷つけ合うようなことはありません。

 

 また、現状から変わりたいといった意欲を持っている方が多く、皆で助け合い、補い合い、そして励まし合いながら、日々の活動を行っています。きっと良き仲間ができると思います。

 

 最後に、精神医療や福祉制度を必要としない「脱医療・脱福祉」の生き方を希望する方には、これに向けた助言や提案も行っています。この生き方の実現に向けて必要な仕事環境や生活環境の整備も進めています。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

株式会社Remember 代表取締役 前川航太朗

 

  「特別就労支援センターココカラ」では、精神的な病気や症状が原因で現在働くことが出来ていない方を対象とした障害福祉サービス事業(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。

 

 ココカラの支援サービスの目的は「病気や症状を根本から改善して、生きる喜びを感じていただくこと」です。生きる喜びとは、人から必要とされること、自分らしい形で人の役に立てること、人を愛し愛されること、自分の成長を感じること、起こる出来事に感謝できるようになること、以上の5つが主なものであると私たちは考えております。

 

 なぜ多くの人が精神的な病気や症状に苦しむのでしょうか。私たちは以下に示す7つが主な原因があると考え、それぞれを改善するために様々な支援サービスを提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以上に示したように、様々な原因が複雑に絡み合って病気や症状が発症するに至ると私たちは考えています。このことを一人ひとりがきちんと理解し、これらを改善していくための活動を、楽しみや喜びを感じながら実践していくことが重要です。私たちはそのために必要な環境を作っているのです。

 

 生まれながらに精神的な病気や症状がある人はいません。生まれてからの生活環境や家庭環境、考え方や習慣に原因があります。ということは、誰もが環境や考え方などを見直していけば、病気や症状の改善が見込めるのです。

 

 なお、精神医療で行う服薬治療は、症状を一時的に抑えるためには有効ではありますが、病気や症状を根本から改善することはできません。薬を飲むだけで病気が治ることはありません。それは上記の原因を理解すれば明らかなことです。

 病気や症状からの根本からの改善を求める場合は、やはり①〜⑦の原因ときちんと向き合い、改善するための行動を実践することが必要だと私たちは考えます。

 

 ところで、病気や症状を改善していくためには、どうしても必要となる二つの要件があります。それは「現状から変わりたいという本人の意欲」と「素直さ」です。

 「本人の意欲」が無いのに本人の現状を変わることはありません。このため、親や第三者がココカラへの通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合にはお引き受けできないこともあります。

 

 また、「素直さ」とは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力のことです。

つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん病気や症状も快方に向かっていきます。

 

 ココカラに通所しているメンバー(サービス利用者)は、同じような痛みや苦しみを経験した方たちばかりです。ですから、みんな本当に優しいですし、お互いを傷つけ合うようなことはありません。

 また、現状から変わりたいといった意欲を持っている方が多く、皆で助け合い、補い合い、そして励まし合いながら、日々の活動を行っています。きっと良き仲間ができると思います。

 

 最後に、精神医療や福祉制度を必要としない「脱医療・脱福祉」の生き方を希望する方には、これに向けた助言や提案も行っています。この生き方の実現に向けて必要な仕事環境や生活環境の整備も進めています。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

株式会社Remember 代表取締役

前川航太朗

 

   <原因>     <改善策の一例>

対人関係から生じ

   る「心の闇」    人間関係8つのルール

自然からの離脱  自然と触れ合うプログ

                                   ラム

不自然な生活習慣  シェアハウスの整備

食べているものの

 成分       安心安全なものを食する

目標の欠如      スタッフとの面談、

                             言等

誤った考えや無知  生きる上で必要な事

                             学ぶ

あらゆる経験・体

 験の不足     日々の活動と社会活動

 

 

 

 

 

   <原因>     <改善策の一例>

対人関係から生じ

   る「心の闇」   人間関係8つのルール

自然からの離脱  自然と触れ合うプログ

                                   ラム

不自然な生活習慣 シェアハウスの整備

食べているものの

 成分       安心安全なものを食する

目標の欠如      スタッフとの面談、

                              言等

誤った考えや無知 生きる上で必要な事

                              学ぶ

あらゆる経験・体

 験の不足     日々の活動と社会活動

 

 

 

 

 

  「特別就労支援センターココカラ」では、精神的な病気や症状が原因で現在働くことが出来ていない方を対象とした障害福祉サービス事業(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。

 

 ココカラの支援サービスの目的は「病気や症状を根本から改善して、生きる喜びを感じていただくこと」です。生きる喜びとは、人から必要とされること、自分らしい形で人の役に立てること、人を愛し愛されること、自分の成長を感じること、起こる出来事に感謝できるようになること、以上の5つが主なものであると私たちは考えております。

 

 なぜ多くの人が精神的な病気や症状に苦しむのでしょうか。私たちは以下に示す7つが主な原因があると考え、それぞれを改善するために様々な支援サービスを提供しています。

 

 

 

 

 

 

 以上に示したように、様々な原因が複雑に絡み合って病気や症状が発症するに至ると私たちは考えています。このことを一人ひとりがきちんと理解し、これらを改善していくための活動を、楽しみや喜びを感じながら実践していくことが重要です。私たちはそのために必要な環境を作っているのです。

 

 生まれながらに精神的な病気や症状がある人はいません。生まれてからの生活環境や家庭環境、考え方や習慣に原因があります。ということは、誰もが環境や考え方などを見直していけば、病気や症状の改善が見込めるのです。

 

 なお、精神医療で行う服薬治療は、症状を一時的に抑えるためには有効ではありますが、病気や症状を根本から改善することはできません。薬を飲むだけで病気が治ることはありません。それは上記の原因を理解すれば明らかなことです。病気や症状からの根本からの改善を求める場合は、やはり①〜⑦の原因ときちんと向き合い、改善するための行動を実践することが必要だと私たちは考えます。

 

ところで、病気や症状を改善していくためには、どうしても必要となる二つの要件があります。それは「現状から変わりたいという本人の意欲」と「素直さ」です。

「本人の意欲」が無いのに本人の現状を変わることはありません。このため、親や第三者がココカラへの通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合にはお引き受けできないこともあります。

 

また、「素直さ」とは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力のことです。つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん病気や症状も快方に向かっていきます。

 

 ココカラに通所しているメンバー(サービス利用者)は、同じような痛みや苦しみを経験した方たちばかりです。ですから、みんな本当に優しいですし、お互いを傷つけ合うようなことはありません。また、現状から変わりたいといった意欲を持っている方が多く、皆で助け合い、補い合い、そして励まし合いながら、日々の活動を行っています。きっと良き仲間ができると思います。

 

 最後に、精神医療や福祉制度を必要としない「脱医療・脱福祉」の生き方を希望する方には、これに向けた助言や提案も行っています。この生き方の実現に向けて必要な仕事環境や生活環境の整備も進めています。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

株式会社Remember 代表取締役

前川航太朗

 

  「特別就労支援センターココカラ」では、精神的な病気や症状が原因で現在働くことが出来ていない方を対象とした障害福祉サービス事業(就労移行支援・就労継続支援B型・生活訓練)を提供しています。

 

 ココカラの支援サービスの目的は「病気や症状を根本から改善して、生きる喜びを感じていただくこと」です。生きる喜びとは、人から必要とされること、自分らしい形で人の役に立てること、人を愛し愛されること、自分の成長を感じること、起こる出来事に感謝できるようになること、以上の5つが主なものであると私たちは考えております。

 

 なぜ多くの人が精神的な病気や症状に苦しむのでしょうか。私たちは以下に示す7つが主な原因があると考え、それぞれを改善するために様々な支援サービスを提供しています。

 

 

 

 

 

 

 以上に示したように、様々な原因が複雑に絡み合って病気や症状が発症するに至ると私たちは考えています。このことを一人ひとりがきちんと理解し、これらを改善していくための活動を、楽しみや喜びを感じながら実践していくことが重要です。私たちはそのために必要な環境を作っているのです。

 

 生まれながらに精神的な病気や症状がある人はいません。生まれてからの生活環境や家庭環境、考え方や習慣に原因があります。ということは、誰もが環境や考え方などを見直していけば、病気や症状の改善が見込めるのです。

 

 なお、精神医療で行う服薬治療は、症状を一時的に抑えるためには有効ではありますが、病気や症状を根本から改善することはできません。薬を飲むだけで病気が治ることはありません。それは上記の原因を理解すれば明らかなことです。病気や症状からの根本からの改善を求める場合は、やはり①〜⑦の原因ときちんと向き合い、改善するための行動を実践することが必要だと私たちは考えます。

 

ところで、病気や症状を改善していくためには、どうしても必要となる二つの要件があります。それは「現状から変わりたいという本人の意欲」と「素直さ」です。

「本人の意欲」が無いのに本人の現状を変わることはありません。このため、親や第三者がココカラへの通所を望んだとしても、本人に通所する意欲がない場合にはお引き受けできないこともあります。

 

また、「素直さ」とは、これまでの自分になかった新しい価値観や考え方を受容して自分のものにしていく能力のことです。つまり、素直な人ほど変化するスピードが早く、どんどん病気や症状も快方に向かっていきます。

 

 ココカラに通所しているメンバー(サービス利用者)は、同じような痛みや苦しみを経験した方たちばかりです。ですから、みんな本当に優しいですし、お互いを傷つけ合うようなことはありません。また、現状から変わりたいといった意欲を持っている方が多く、皆で助け合い、補い合い、そして励まし合いながら、日々の活動を行っています。きっと良き仲間ができると思います。

 

 最後に、精神医療や福祉制度を必要としない「脱医療・脱福祉」の生き方を希望する方には、これに向けた助言や提案も行っています。この生き方の実現に向けて必要な仕事環境や生活環境の整備も進めています。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ココカラに興味を持たれた方や、体験や見学をしてみたいと思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

株式会社Remember

代表取締役 前川航太朗